スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本学生王座戦の結果

2年の田中です。
12月20~22日に銀座インターネットフォーラムにて
全日本学生囲碁王座戦のリアル本戦が行われました。
遅くなってしまいましたが、結果を報告します。

早稲田大学からは、1年の星合真吾が
インターネット本戦を勝ち抜き、リアル本戦に進出しました。
リアル本戦1回戦は勝ち、2回戦で敗退し、ベスト8でした。

今年もあと2時間あまりですね。
来年も今年同様に、よろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

リレーブログ6番手

自称通常な人、浦野くん(救急車が大好き)からバトンを貰いました、”めっちゃびんびん”らしい土方です。おわで、面白くない文章を書いて恥をさらしてしまったので、真面目に書きます。僕の囲碁歴は、小学校が部活に入ることを強制されるところで、それで囲碁と出会ったのが初めてです。高知は団体のメンバーが揃うだけで全国大会に出れたので、学校のお金で、東京旅行ができて楽しかったです。ちなみにその後、中高と一回ずつ大会に出ましたが、いずれも棋力は5級もない程のにわか勢で、全国大会に出れたので非常にコスパが良かったなぁ〜と思いました。でも、下手の横好きで今も囲碁を続けられてるので、卒業までには、三段くらいにはなれるように頑張りたいです。後、来年の目標はかわいい一女を囲碁界に入れて、仕上がることです。

リレーブログ五番手

松崎しげるあ、まちがえた松崎秀樹くんからバトンを受け取った浦野です。なんか僕が一番仕上がってるとか言われたんですけど完全にブーメランだと思います。(たぶん松崎くんは自分が仕上がったことを覚えていないのでしょう)みんな囲碁の経歴を書いているのでそれに便乗して僕も書きたいと思います。

囲碁を始めたきっかけは、小4ぐらいの時、テレビで「ヒカルの碁」が放送されていておもしろそうだなと思って囲碁を始めました。囲碁教室に通ったりしてましたがそんなガチでは囲碁をしてませんでした。

しかし、囲碁大会に出るようになって結果を残せるようになってきて囲碁が楽しいなと思うようになっていきました。そして小6の頃、初めて全国大会に出ました。当時の僕は、三段くらいでしたが、長野県はレベルが低かったので抜けることができました。この頃から僕の地区で強い人が集まる碁会所に通うようになりました。碁会所に通ったおかげで、棋力がだいぶ上がりました。

中学生になって、部活でバスケをするようになり、囲碁をする時間が限られてしまいましたが、全国大会には、毎年出れてよかったです。

そして、高校生になり、またバスケ部に入ったのでほんとに囲碁をする時間がなくなってしまいましたが、高校選手権や総文祭などの大会は出れて、いい思い出になりました。

大学生になって、囲碁会に入ると僕が思っていたのと違い、楽しい雰囲気のサークルでとてもいいなと思いました。これからは、もっと囲碁が強くなれるように頑張っていきたいと思います。

次は、めっちゃびんびんの土方くんです。この頃、ますますキャラが濃くなってきているのでどんなお話をしてくれるのか楽しみですね。










 かのちゃんからバトン受け取った社会科学部一年の松崎です。
前に書いてくれた3人同様、囲碁の経歴みたいなのを書きたいと思います。

 囲碁を始めたのは小4の時、おじいちゃんに近所の囲碁教室に連れていかれたのがきっかけです。その教室には30人くらい子供がいて、70歳くらいの先生が教えてくれる感じでした。当時人見知りの激しかった僕は囲碁教室であまりなじめず、ずっと隅でヒカルの碁を読みふけっている悲しい少年でした。先生も厳しいし友達もできないし正直あまり囲碁教室は好きではなかったです。

 小6の頃にはおじいちゃんと互先で打ってたので5段くらいになってた気がします。この2年は自分でも驚くほどの成長スピードでした。(教室の隅でヒカルの碁を何度も読み続けた成果)宮崎の枠がぬるかったのもありますが、この年初めて全国大会行った記憶があります。このころには教室の友達と少し仲良くなっていて、大会で結果も残せていたので割と楽しかったです。

 中学時代、仲良くなった友達はみんな囲碁をやめ、なにがしかの部活に入っていきました。僕もその流れでやめようとか考えていたのですが、中途半端に強くなってしまったのでやめづらくなり、結局部活に入らず、囲碁を続けることになりました。中学時代は毎日のように、囲碁を打ちにあちこち行ってたので、友達と遊んだ記憶がほとんどないです。大切な青春時代をおじさんたちと過ごしたのはほんとに今でも後悔しています。同年代に囲碁してる人がいれば良かったのですが、みんなやめてたのでほんとにボッチでした。青春を犠牲にし,おじさんと毎日打ってたのでめきめき上達し、中2で宮崎の一般棋戦で準優勝し、全国の枠も抜けれるようになっていきました。多分このころが一番囲碁のモチベ高かった気がします。

 高校時代、思春期真っただ中、「みんなきゃぴきゃぴしてるのに何で自分だけおじさんと囲碁打ってんだろ」と思い悩んでいました。このままだとほんとにやばいと思い、高1の7月くらいから、仲の良かった友達8人で天文部(男女比1:1)を立ち上げたり、生物部に入ったり、友達とドラムしたりして、リア充を気取っていました。このころは、時々碁会所行くくらいであんまり囲碁やってなかった気がします。これで高3の時全国6位取れるんだから、やっぱり気取ってるだけでもリア充は強いなーと思いました。(単純に強い人に当たらなかっただけ)。その後その功績が認められ、学校に囲碁将棋同好会なるものが作られました。部員10人(将棋9人、囲碁1人)。さすがに一回も行かなかったです。結局小4から高3までボッチの呪縛から解き放たれることはなかったです。

その後大学に入り、囲碁サークルに入ってやっと囲碁打てる同年代の人たちと出会うことができました。普通にうれしかったです。大学ではもう少し頑張りたいと思います。


次は今年1年で1番仕上がっている浦野君です。
どんな武勇伝を聞かせてくれるのか楽しみですね。

リレーブログ三番手

じょーやくんからバトンを受け取りました、基幹理工学部一年の佐々木です。
書くのが非常に遅くなり申し訳ありません。化学の用語でいえば律速段階です(なけなしのリケジョ感)。

今までの2人にならって私も囲碁の経歴を書きたいところではありますが、初めて半年なのでなんとなく自分の趣味と囲碁会の印象について書きたいと思います。

中高6年間は、30人弱の合唱部で混声合唱にのめり込んでいました。カラオケも好きです。そして年100冊近く本を読んでいたので読書と歌うことが趣味だったのですが、大学生になってからはほとんど本を読んでないし発声練習すらしなくなったので趣味がなくなってしまいました。歌と読書どちらかは復活させたいです(笑)理工の図書館にも小説とかおいてくれればいいのに!

囲碁をしてみようと思ったきっかけは、大叔父に勧められたからでした。学生時代に始めれば、趣味のひとつとして長く続けられそうだと思いました。しかし、中高6年間は合唱部に所属してそれなりに充実した毎日を送っていたため、特に囲碁との接点はありませんでした。今思うと、学校の朝礼でようかちゃんが表彰されてるのを毎回見かけてましたねー。彼女は生徒会で精力的に活動していたのでこちらが一方的に顔を知っている状態でしたが、まさか囲碁会の夏合宿などで会うことになるとは思っていませんでした。

そのうち大学に入学してサークル選びの機会がやってきました。合唱かアカペラなど歌うサークルを中心に探していましたが、ふと囲碁を勧められていたことを思い出して色々探し、4月の後半にやっと囲碁会を見つけることができました。中々見つからないので囲碁会は存在してないんじゃないかと半分くらい思ってました。すみません(笑)
初めて入った部室でせいらさんに石取りゲームを教わっている最中に、大学にはこんな落ち着いた雰囲気の先輩がいるんだなぁと思ったことを覚えています。
実は最初はのぞいてみるだけのつもりでしたが、囲碁会の人の和やかな雰囲気が印象に残り、その後のサークル選びに大きな影響が出ました。囲碁したことないのに、不思議なことです。最近は合唱サークルより囲碁会に行くことの方が多いです(笑)

まあその後半年はみなさんの知る通り、ゆっくりペースで囲碁らしきものを打てるようになりたいと思って続けています。秋になってほかの一年女子に会える機会が増えたことがとても嬉しいです。

次は宮崎出身で心優しい松崎くんです。
どんなお話をしてくれるか楽しみですね。
プロフィール

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。