リレーブログ

はじめまして!
リレーブログのトップバッターをやることになりました早稲田大学文学部1年の岡田量です。
知ってる人は知ってると思いますが、下の名前はそのまま「りょう」って読みます。
知らない人は覚えてね^^


たまにはまじめに囲碁のことでも書きたいと思います。

囲碁を始めたのは6歳のころで安達初段と同じ教室でした。
安達君とは同じ時期に囲碁を始めて最後のプロ試験まで一緒だったのですごい長い付き合いになります。

そして、小学校4年生のころに初めて少年少女の都代表になりました。
この頃はまだまだプロを目指そうとか思ってなくて、ただなんとなく続けていただけのように思います。

プロを目指そうと思ったのは小学校6年生の時です。
何かの間違いで少年少女で準優勝してしまい「おれ囲碁強いんじゃね?」と勘違いしたのがプロを目指すきっかけでした。

ちなみにその年は小学生の部と中学生の部で日野兄弟が優勝したので、初の兄弟優勝のおぜん立てをした格好です。
翌年、少年少女の中学校の部で今度は日野兄弟のお兄ちゃんの方と準決勝で当たりました。
前年の借りを返そうと思いましたが、見事に返り討ちにあいました。
こうしてぼくの青春は日野兄弟に奪われたのです(笑)

当時、同じ囲碁教室に通っていた人は、金沢真、安達利昌などプロになった人たちや、加畑くん、宮崎よしじくん、井上ゆきちゃんなど今でもつながりのある人たちが大勢いました。

その後、院生になってAクラスに上がったのは中3のころでした。
運のいい時は中野杯に出場したりしましたが、2度のプロ試験本戦ではボロボロでした。

プロになった人たちとははっきり実力差があったので、院生卒業の時にプロを目指し続ける選択肢はありませんでした。
同時に囲碁に関してはやりきった感もありました。

そして世界史の奇跡のおかげで何とか早稲田大学に合格して今にいたります。

団体戦ではたまたま主将になりましたが、個人戦ではまだ枠抜けさえしていません。
今の悩みといえばもっぱら枠抜けできないことで、いつになったら全国大会に出場できるんだろう、と憂鬱な毎日を送っています。
嘘です、大学生活が楽しすぎて囲碁の勉強してないからだと思います(笑)

今年、残る大会は1つとなってしまったので目標は控えめに「全国優勝」ということにしたいと思います^^


珍しくまじめなことを書いてしまいましたがこれで終わりにしたいと思います。

次に回す人は筒井桃子さんです。
ドMですがとても文才のある方でぼくより100倍おもしろい記事を書いてくれると思います。
みなさん乞うご期待!

それではみなさんこれからもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

wasedaigokai

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR