スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレーブログ(2015年トップバッター)

 初めまして。社会科学部一年の星合真吾です。甚だ僭越ながら2015年度のリレーブログのトップバッターを務めさせていただきます。
 珍しく空気を読んで、自分も先輩方同様、経歴について話していきたいと思います。
小学校2年、囲碁を始める。
※週一で公民館の囲碁サークルに通う(半年ほどで2段になる)
小学校3年、緑星囲碁学園に入門。
※ここだけの話、当時は同門の悠哉(※大竹先輩)を尊敬し、密かに目標にしていました。(笑)※あくまでも昔の話です
中学1年、ジュニア本因坊戦全国大会準優勝。
中学2年、日本棋院本院の院生に在籍(最高、Aクラス)
高校1年、冬期採用試験では9勝6敗と、序列の差でプロにあと一歩届きませんでした。
藤浦洋輔(9−6※序列により本採用試験で入段)、小山空也(9−6)、呉柏毅(9−6)、張瑞傑(8−7)、芝野虎丸(7−8)、大西竜平(6−9)などの今、若手プロとして活躍しているメンバーを見て、「自分は今、何をしているのだろう?」と感じます(苦笑)
※補足 某N大の大型新人のI村くんは破竹の11連敗により、いろんな意味で注目の的でした。
高校3年、全国高等学校囲碁選手権優勝

 「自分はせっかくアマチュアに身を置いているのだから、勝負より囲碁を楽しみたい」最近では、よくそう思います。負けることが全く悔しくないと言えば嘘になりますが、それほどは気にしていません。また、勝ち負けがすべてだった院生から離れて、少しほっとしている自分がいます。なので「自分はプロには向いてない」と思いますし、冬期採用試験ではそれほど悔しさはありませんでした。(現にそれ以来なれるかどうかはともかく採用試験の受験をしていませんでした)個人戦ならこのような気持ちで臨んでも良いでしょうが、団体戦ではそうはいきません。なので、プレーオフのことを考え、正直とても鬱になりました。「メンバーに入りたくない。」「チームに迷惑をかけたくない」と。(秋の関東リーグの時、飯田橋の飲み会の件で迷惑をかけましたし…(苦笑))要するに自分はメンタルがとても弱いです。実際に、僕はプレーオフのレギュラーから外れました。それでも、「俺の代わりに打って欲しい。」「真吾なら絶対に勝ってくれると信じられる」と、LINEをくださり、レギュラーを辞退したこっちーさん(勝俣先輩)に胸を打たれ、電車の中で泣いたのを覚えています。そのような、普段以上にいろいろ背負った中で、慶應戦に臨みました。相手は、中学時代に2戦2敗しているまーくん(藤野さん)でした。プレッシャーに打ち勝ち、その対局に勝利したことで、精神面で大きく成長することができたと感じています。こんな僕でも、役に立てる、力を貸して欲しいと思っていただけるのであれば、そのときは、(柄にもなく)精一杯がんばりたいと思います。
 
 長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 次は、受験期に色々やらかした、じょーや君です!!どんな話が聞けるかたのしみですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

wasedaigokai

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。