リレーブログ

 どうもどうも、真面目・品行方正・非ゼンツァー・囲碁会の数少ないマトモキャラでおなじみ硎野です。研野ではありません、硎野です。まるおが(珍しく)真面目に書いていたので、僕も真面目に自分の囲碁歴を書こうかと思います。
 
囲碁はおじいちゃんの家の倉で…ではなく三歳の時、両親に連れられて家の近くの碁会所に行ったことがきっかけで始めました。(ちょっと遅れて始めた母を囲碁でフルボッコにしたせいで、母が囲碁やめたとか知らない(^_^;)その後もほどほどには打ち続け、小5の時に初めて全国に出場しました。実は小6の時の全国大会であの有名なスーパースター・KB川にやられたり、地元が北陸だったためO表(弟)にたびたびやられたりして、その二人にはいつか勝つと中1の頃は燃えていましたが今一つ結果が出ず囲碁に対して真剣になれない時期が続きました。そんな僕が変わったのは中三の秋に中国に行ったことだと思います。長くなるのでこの話は省略しますが、要するに8歳の少年にフルボッコにされてやべぇ、やべぇしか言えないくらいやべぇ、もっと頑張んないとと思ったという話です。これをきっかけに真面目に囲碁を勉強し、村人Tからの脱却を遂げ迎えた高1の選手権。結果は4位。1年で4位って結構すごいんじゃね、うひょーと思いちらっと見ると優勝カップを抱えたKB川、again。そして、俺「そういえばKB川君、昔打ったことあるよね?」KB川「えっ初対局じゃない?」…ほう。打倒KB川熱が再燃した瞬間だった。この頃からさらに熱心に囲碁を打ち、高2の総文でやっとKB川・O表を倒し優勝し、世界アマでも4位に入り、波に(調子に)のりまくります。そして高3の最後の全国大会・総文で、あることに気づきます。高校の全国大会ではこれまで…1,2,3,4,5,7,8位を取った、ということはあと6位を取ればグランドスラム!?ということに。…いやいや最後だし優勝して優秀の美を飾ろう、と思っていた矢先KB川の逆襲を食らい、最終戦を勝ちグランドスラムの夢が…大学ではグランドスラム云々より、まず個人戦で一勝を目標に頑張ります。
 
 長々と書いてしまいましたので、このあたりで終わりにして所沢の雄・石原君にバトンを渡したいと思います!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

wasedaigokai

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR