【リレーブログ】

 しっかりものの一成からバトンをもらいました、しっかりしてない癸生川です。みなさんの流れに身を任せ、経歴について話します。僕が囲碁を始めたのは小学校1年生!夏休みにおじいちゃんの家へ遊びに行った時のことでした。「さとくん。こっちに来て座ってくれないかい?」おじいちゃんが言いました。言われるがままに碁盤の前に座り、石で遊び、ルールを教わったのがキッカケでした。囲碁の魅力にハマり出した頃、今の私にとって無くてはならないものに出会います。ある日、川へ洗濯に行ったお婆ちゃんが、近所に囲碁道場を見つけたのです。そう!これが栃木の名門窪庭囲碁道場でした。癸生川、塚田、など全国優勝者を輩出しています。道場へ通い始めたときから、連戦連勝。なぜ?天才か?違います。おじいちゃんに教わっていたから。初心者に負けるはずありませんね笑。今となっては幼馴染の塚田花梨とも同期になるのでたくさん打ちました。(中学生あるあるでカッコつけたため、塚田と苗字で呼ぶようになりましたが、昔はかりんちゃんと呼んでいたのです、可愛いでしょ?)。かりんちゃんにも連戦連勝。よく泣かせていました。今では逆の立場でよく泣かされます。小5で5段。小6で小中合わせたボンド杯(現在のゆうちょ杯)で全国優勝。こんなことが積み重なり鼻高々の天狗になっていきました。まるでオラフのように(志穂、好きだよ♡)。そんな私に転機が訪れます。それは全国優勝したこの年、洪道場の夏合宿へ参加したことです。まず、洪道場へ予約の電話を掛けます。「もしもし、夏合宿へ参加したいんですが‥。」「はい、大丈夫です。出身は?」「栃木です」「癸生川くんかな?」「まあ、はい( ̄▽ ̄)うひょーー」我、有名になりにけり(ニヤニヤ)。ここまでは天狗です。まるでオラフのように(志穂ーー♡)。合宿初日、まさかのハプニングが僕を襲います。××××‥。そう全敗です。初戦は平田智也。相手の先番。初手天元。(囲碁の打ち方を知らないな( ̄▽ ̄)ww)しかし敗れる。2戦目風間隼。敗れる。なんで、、小6の僕は心を折られます。そんな僕をみて気まずそうな洪マルグンセムさん。合宿2日目。ようやく僕より年下が現れた。「君、名前は?」周りのちびっ子「こいつワンリキ!!」彼が後の一力遼である。そうとは知らぬ僕は(よかった、俺のメンツを保とうと弱いのだして来た。)内心ホッとする。のも束の間、フルボッコにされる。(おいおい( ̄▽ ̄)まってくれよ( ̄▽ ̄)おれは全国チャンプだぜ。年下に負けるなんてそんなわけないだろ( ̄▽ ̄)w)続けて2戦目。またもやフルボッコ。完全に心が折れた。ボキッ。この経験があってから、井の中の蛙は外の世界を知ったのである。大会で結果を残してもこの経験が頭から離れず、弱い弱いと思う毎日。そうして大学1年の冬を迎えました。頭は悪いが、晴れて早稲田に入学。良い同期と先輩に囲まれ幸せな日々を過ごしています。

 駄文が長くなりました。そろそろバトンを渡しましょう。いろんな意味で有名人、藤田さんです!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

wasedaigokai

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR