スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレーブログ

こんにちは。勝楽君からバトンを受け取りました、文学部1年の石原知弥です。出身は千葉県佐倉市です。棋力は仲田先生曰く「初段までもう少し」らしいです。三澤君と一緒に合宿係を務めさせていただきます。自己紹介はこれくらいにして、早速僕と囲碁との出会いについて語っていこうと思います。

 小学生の間は、僕の父の影響でずっと将棋をやっていました。僕の父は将棋がそれなりに強く、よく教えてもらいました。小学校の将棋クラブに入ったり、近所の将棋クラブに行ってみたりと、結構熱心に取り組んでいました。

 僕が囲碁を始めたのは中学1年の時です。僕は中学受験をして、本郷学園という私立の中高一貫高に通い始めました。本郷学園は運動部が盛んでしたが、当時から既に運動嫌いなインドア派の僕は、囲碁将棋部に入ることを決めました。今思えば、あの時運動部に入っていれば色々と変わっていたかもしれません。主に体型とかが(笑)。囲碁将棋部に入りましたが、僕は囲碁に対して特に興味を持っていませんでした。しかし、僕以外の新入生(3人)は「ヒカルの碁」に影響されて囲碁を始めた囲碁派しかいませんでした。その新入生たちに「囲碁やろうぜ!」と誘われて、僕は囲碁を始めました。

 中学三年の三学期が、一番囲碁を熱心に取り組んでいた時期だったと思います。最終下校の六時まで、同級生の仲間やアマチュア5段(それぐらいだったはず)の顧問の先生と一緒に囲碁をやっていました。僕はもうほとんど将棋はせず、囲碁しかしていませんでした。下手したら今よりも真剣に取り組んでいたかもしれません(笑)。しかし、高校一年の春、その顧問の先生が部員たちに何も知らせずに学校からいなくなってしまいました。別の学校へ行ったのか、病気だったのか、理由は今でも謎です。代わりの顧問は三人いましたが、彼らは全員他の部活の顧問もしていて、囲碁も将棋もわからない名前ばかりの顧問でした。それに追い討ちをかけるように、僕以外の同級生の部員は東大レベルの大学合格を目指す特進クラスに入っており、次々に部活をやめていきました。その結果、僕自身も一気に意気消沈し、ほとんど部活に顔を出さないようになってしまいました。

 そんな僕が囲碁と再開を果たしたのは三年後の2011年、早稲田大学入学の時です。その頃の僕は早稲田囲碁会のことは一切知りませんでした。どのサークルに入ろうか悩んでいた時、ふと「また囲碁でもやろうかな」と思い、Google先生で検索してこの囲碁会のことを知りました。その輝かしい戦績に完全にビビりながらも、取りあえず行ってみるかということで練習会に参加をして、今に至るというわけです。

 というわけで、ここまで読んでいただきありがとうございます。次は本業で部室の主、副業として今年の会計を務める小松君です。実は、僕は彼の存在をすっかり忘れて、そのまま次のたっしーにバトンを渡そうとしていました(笑)。それじゃあ小松君、よろしく!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

wasedaigokai

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。