リレーブログ(第一走者)

リレーブログ久しぶりの更新となってしまいましたが、第一走者を務めさせていただきます、2年の藤原彰子です。
バトンのパスが上手くいかなった様で(日本はバトンパスが上手いはずなんだが)、これからやっとこさ2年がスタート、ということになりましたが、どうぞよろしくお願いします!

囲碁の経歴についてみなさん書いているので、私も書こうと思います。と、言っても実はおわに似た様なこと書いてるので、どうなのってところありますが。

私が囲碁を始めたのは小学校1年生の時でした。近くの児童館で囲碁教室をやっていて、なんとなく参加したら見事にハマった、ってところです。
小学校3年の時に、その当時通っていた教室では自分より強い人がいなくなってしまったので、洪道場という頭がおかしい(くらい強い)人々が集う教室に通うことになりました。

しかし早速人生のツラさを味わうことになりました。
元通ってた教室では、年上に勝つのはもちろん、年下に負けることなんてことはありえない!という状況だったのに、一個下の藤沢里菜ちゃん(今はもう雲の上の存在となりましたが)に4子おいてボコボコ(4、50目負けた記憶が)にされました。しかし、一個上の平野翔大というやつは里菜ちゃんに3子置かせるとか。どうなってんだェ...
それに検討。昔はとても怖い先生がいて、変な手をちょっと打ったもんなら、「ハァ!?なんだァその手はァ?」とガチ切れされ、半泣きで検討してました。
それにより、検討が嫌で道場に行きたくないと言い出し、家で棋譜を30局並べる代わりに道場をサボるということを何度かやってました。どんだけ嫌だったんだ。でも囲碁は好きだったし強くはなりたかったんだと思います。

ある時先生が言いました。
「囲碁の強さと頭のおかしさは比例してるかもしれない。」
そうか!強くなるには、ちゃんと道場に行って頭おかしい人たちの真似をすればいいんだ!
それからは道場に行っては、強い人たちの変わったところ、おかしなところを真似していきます。たとえば・・・(自主規制)
やはり、努力しただけあって強くなっているようです。小5の時に少年少女とボンド杯で東京代表になったりと、効果は着実にでてきています。頭のネジも着実に飛んでいきます。
その後、中1で院生になり、それから高1までプロを目指してましたが、どうにも棋力が足りず、プロの道はあきらめることにしました。頭のおかしさが足りなかったのかな・・・?いえ、あの時先生が言おうとしたことは、「強い人は頭がおかしくなるくらい勉強をしている」ってことだったのだと思います(苦笑)

その後、高校生時代は囲碁の大会に出つつも、今までまともにしてこなかった勉強など、囲碁の勉強以外のことに時間を使うことが増えました。
今は大学生になり、少しずつ飛んだネジも戻ってきてるんじゃないかと思います。

長々と書いてしまいましたが、このあたりで失礼したいと思います。
次は最近髪の色がよく変わる今野君です!
スポンサーサイト
プロフィール

wasedaigokai

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR