スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレーブログ八番手

 こんにちは。更新遅くなってしまい申し訳ありません。強烈に奇天烈な松本君からバトンを受け取りました斉木です。これまでの流れを汲んで自身の囲碁歴をざっくり語りたいと思います。
 
 僕が囲碁と最初に出会ったのは祖父がきっかけだったといえると思います。よく覚えていませんが、小学校に入ったか入っていないかくらいの頃、祖父の家に遊びに行って囲碁を教えてもらいました。「いいか。囲碁っていうのは自分の地所(じしょ)をいかに多くとるかのゲームなんだ。」祖父はいろいろと説明してくれましたが、肝心かなめの単語“地所”を“辞書”と取り違えていた幼い僕に囲碁のルールが理解できるはずもなく、わけのわからないゲームだなという印象を残しただけに終わってしまいました。
 しかし、ほどなくして家の近くで子供囲碁教室をやっているという話を母が発見。何だかんだ兄妹みんなで行くことになり、そこで囲碁の面白さに気付き碁を始めることになった訳です。
 その後、小・中・高と毎週土日は碁会所もしくは囲碁教室に通い続けました。大会にもよく出ましたが、上位に強い人がいたので個人戦ではそれほど活躍はできませんでした。一方、団体戦では兄妹な力もあり何度か全国大会出場を果たすことができました。
高校や大学を決める際も「囲碁部がある学校」を基準にしており、振り返ってみると僕の学生生活に囲碁は欠くことのできないものだったなぁ、と改めて実感しております。
 ちなみに、僕の打つのが遅い悪癖は昔からのものです。小学校の高学年で出たチーム戦の大会(ペア碁の3人制版)で、僕の長考する割に意味不明な手を繰り出す史上最悪のプレイングは味方を大いに翻弄したものです。次第に改善されるかと思いきや、中・高と進学するたびにノロさに拍車が掛かり、時間切れ負けが頻発するまでになってしまいました。始めたての頃は長考するおじさんに、早く打ってくれと念を送りうんざりしながら対局していたことを思い出すと、ほんと心が痛みます。

 以上、特に何があるということもなくのほほんと続けていたという面白みのない囲碁歴ではありましたが、これからも変わらず楽しんで囲碁を続けていきたいと思います。
続きましては、いつも妙に落ち着いた雰囲気を醸し出している池松君につなぎたいと思います。よろしく。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。