スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレーブログ

こんにちは。初めての方ははじめまして、山田君からバトンを受け取ってしまった早稲田大学先進理工学部物理学科1年の米津佑哉と申します。
主成分は普通の人間と同じです。卵や酢ではありません。
また、石は殺さずに勝つのが理想なので、大石の殺し方は知りません。
それはさておき、前の方々に倣って自分の生い立ちと囲碁について語りたいと思います。


まず出身地ですが、愛知県出身です。
東京に来て愛知県出身と言うと十中八九「名古屋?」と聞かれますが、名古屋ではなく、誰も知らない田舎出身です。


囲碁との出会いは、ヒカ碁ブームの1年ほど前(小3ぐらい?)、小学校の囲碁クラブ(月2回町の先生が教えてくれるもので部活とは異なります。)に姉が所属したことがきっかけでした。
姉に石取りゲームを教わり、自分も囲碁クラブに所属しました。
その後、月2回では足りないので先生(アマ五段)に誘われて、毎週日曜の午前中公民館で囲碁るようになりました。
小6の時は3級ぐらいになっていたかと思います。今思えば、もっと詰碁をやるべきでしたが・・・。


中学に入り、ソフトテニス部に所属すると日曜日も当然練習があり、囲碁を打つ時間がなくなりました。
棋譜並べぐらいはたまにしていた気がしますが、対局することは2年間ぐらいほとんどなかったと思います。
中3の夏、部活の引退を機に高校受験の勉強・・・ではなく囲碁を再開。再び日曜日に公民館に通い始めました。
すると置石がすぐに3個ほど減り、いつの間にか初段ぐらいになっていました。


愛知県の某公立高校に入学し、囲碁部の紹介を読んだところ、先輩が一人もいないことが発覚・・・。しかし、当時はやる気しかなかったため、一人でもやってやるぜと思っていました。
まぁ、幸運なことに初段格がもう一人と天才的な入門者(高段者のいない環境の中、一年で初段になりました。)、その他数名の幽霊部員が入部し、囲碁部は復活しました。1年だけしかいないのをいいことに勝手に活動日を増やし、団体での全国大会出場を三年間の目標に設定しました。


電車通学の時間や特定の授業を詰碁を解く時間に当てて、高2で三段、高3で五段と地味に棋力を上げましたが、残念ながら団体は県3位や東海5位、個人は県ベスト8までしか行けませんでした。
夢を追い続けた高校三年間は、楽しかったので、とりあえず満足してます。
そして、一浪の後、早稲田大学に入学し、今に至ります。


まよねーずの話はここまでにして、次は愛知県名古屋市出身、都会っ子の大崎果歩さんにバトンを託します。
早すぎる更新でごめんなさい。
荒牧先輩がゆっくりでいいとおっしゃっていたので、時間は気にせずによろしくお願いします。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:wasedaigokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。